10,000円(税抜)以上購入で送料無料 10,000円(税抜)以上購入で送料無料

TIME TO REIMAGINE / 新たな想像をする時

10年前、ホカ オネオネ™はランニングシューズの新たなる可能性を想像しました。
それ以来、ランニングを主としてウォーキング、フィットネス、アウトドアにおける様々なユーザーの問題を解決するという発想のもと、
独自の機能性とデザインを融合したシューズを開発してきました。
ホカ オネオネ™は、大胆で、時には想像を超えるような手段で、
本格的なランナーからフィットネス愛好家まで、スポーツを楽しむ様々な人々に地球を駆け巡る喜びをお届けしています。
そして今、ホカ オネオネ™は、新たに何が出来るのかを想像しています。それは、製品の可能性だけでなく、すべての人々にとっての可能性です。
It's Time to Fly™. #timetofly

TIME TO REIMAGINE
新たな想像をする時

10年前、ホカ オネオネ™はランニングシューズの新たなる可能性を想像しました。
それ以来、ランニングを主としてウォーキング、フィットネス、アウトドアにおける様々なユーザーの問題を解決するという発想のもと、独自の機能性とデザインを融合したシューズを開発してきました。
そして今、ホカ オネオネ™は、新たに何が出来るのかを想像しています。
それは、製品の可能性だけでなく、すべての人々にとっての可能性です。
It's Time to Fly™. #timetofly

自分の信念を持ち、スポーツ・野外活動を通して それに向かって進んでいく5組のストーリー。
それぞれの想いやチャレンジをムービーで紹介します。

Time to Change the Game Time to Change the Game

TIME TO CHANGE THE GAME / 未知の世界に挑む時

100マイルのトレイルランニングは、ほとんどのアスリートにとって未知の世界です。 ジム・ウォームズレー(@walmsleyruns)は、ウルトラトレイルランニングで最速を目指すことによって人間のパフォーマンスの限界の常識を書き換えています。
「私が陸上競技で培った経験を踏まえて、ウルトラトレイルという全く未知の世界に挑戦しました。そして、この競技における新たな可能性を追い求め、今までは不可能だと思われていたスピードでゴールすることを実現しました。自分の可能性を信じて、常に新たな目標や夢を掲げて、それを実現するためのトレーニングに励み続けます。」

Time to Reconnect Time to Reconnect

TIME TO RECONNECT / ふたたび繋がる時

「この土地に生まれ、ここで生きてきた人々は常に大地と繋がっています。大地は私たちが何者であるかを教えてくれて、私たちはいつも大地と繋がっています。」
ジェイリン・イェネバ・ガフ(@jaylyn.gough)は、ネイティブ・ウィメンズ・ワイルダーネス(@nativewomenswildernes)の創設者兼エグゼクティブディレクターであり、その使命は、女性や少女たちを野外に連れて行き、ネイティブアメリカンである祖先の人々について正しい知識を伝えることです。

Time to Hear Me Roar Time to Hear Me Roar

TIME TO HEAR ME ROAR / 心の叫びを聞く時

2018年にソフィー・パワー(@ultra_sophieran)は、出場を夢見ていたアルプスの106マイルレースに生後3か月の赤ちゃんに授乳をしながら完走しました。
「以前はこう思っていたの。女性は母親になったら、自分らしくあること、夢を追うことを諦めなくてはならないと。だけど、思い直したの。母親になっても、夢を追いかけることは出来る。前よりも大きな夢を見ることもできるし、子供たちをバギーに乗せて、夢を追い続けたって良いじゃないかと。」

CHALLENGER ATR 5:2月発売予定

Time to Represent Time to Represent

TIME TO REPRESENT / 表現する時

ブラック・ガールズ・トレッキンの創立者であるティファニーとミシェルは、アウトドア活動は誰でもが楽しめるものだというメッセージを広めています。
「アウトドア活動によって固定概念を打ち破るの。多くの仲間たちとのきずなも深められる。日々、たくさんの問題に直面するけど、それに比べたら山を登ることは大変なことではない。」

Time to Break Barriers Time to Break Barriers

TIME TO BREAK BARRIERS / 壁を打ち破る時

「国籍は私を定義するものじゃない。性別も服装も関係ない。私はひとりの人間。」
「私がトライアスロンでイラン代表になることを決意した時、みんなが私には「無理だ」と言ったの。
私にとっては個人的な挑戦のつもりだった。同じように息をして、リズムを感じて、汗をかき、涙を流し、笑いあって、人間としての共通点を見つけたら、様々な人たちと繋がることができるのではないかと。私は自分にとって何が大切なのかを見つけました。それはスポーツであり、他の人たちと同じようにそれを追い求めています。」@shiringeramitri